診療内容|横浜市神奈川区の眼科、白内障手術|坂の上のヤギ眼科

〒221-0801 神奈川県横浜市神奈川区神大寺1丁目13-46 神大寺メディカルスクエア
045-548-4420
ヘッダー画像

診療内容

診療内容|横浜市神奈川区の眼科、白内障手術|坂の上のヤギ眼科

  • 眼が疲れる・視力が落ちた

    一時的にぼやけて見える場合は、眼精疲労(眼の疲れ)やドライアイなど、日常生活の中でよくあることが原因かもしれません。また40歳代から始まる老視(老眼)も原因となります。

  • 眼が痛い・充血・めやに

    眼の痛みにはゴロゴロする異物感、刺すような痛み、重いような痛み、眼の奥の痛みなど、さまざまな症状があり、原因もさまざまです。

  • 見え方がおかしい

    一時的にハッキリと見えない、ぼやける、かすむといった症状は眼の疲れでも起こりますが、視力の低下や歪んで見える、視野が狭い、見えないところがあるといった、見え方がおかしい症状がある場合は、眼の病気の可能性を考え、なるべく早めに眼科受診をしてください。

  • お子様の眼について

    生まれたばかりの赤ちゃんはまだ視力が発達していないため、ぼんやりとしか見えていません。3歳までは急速に発達し、おおよそ大人と同じくらいまで見えるようになります。

  • 涙道・涙の疾患

    ドライアイとは、涙の量や質が低下することにより、眼球の表面を潤す力が低下した状態です。そのため眼の表面に傷がつくことや、眼に入ってきた細菌や花粉などの異物を涙ですぐに洗い流すことができなくなり、感染症やアレルギーなどの炎症が起こりやすくなります。

  • まぶたの疾患

    麦粒腫は、一般的に「ものもらい」と呼ばれている病気で、細菌感染によって起こる炎症で、まぶたの一部の赤い腫れや痛み、眼の充血やめやになどがみられます。腫れたところが自然に破れて膿が出ることもあります。

  • 全身疾患からくる眼の疾患

    全身的な疾患の合併症として、眼に異常が現れることがあります。

    また、眼科の受診をきっかけに全身の疾患にみつかることもあります。

    代表的なものとして以下の病気が挙げられます。

  • メガネ・コンタクト

    当院では、お子様や老眼が始まった中高年、ご年配の方々へメガネやコンタクトレンズの処方をおこなっております。