眼が疲れる・視力が落ちた|横浜市神奈川区の眼科、白内障手術|坂の上のヤギ眼科

〒221-0801 神奈川県横浜市神奈川区神大寺1丁目13-46 神大寺メディカルスクエア
045-548-4420
ヘッダー画像

眼が疲れる・視力が落ちた

眼が疲れる・視力が落ちた|横浜市神奈川区の眼科、白内障手術|坂の上のヤギ眼科

眼が疲れる・視力が落ちた

眼が疲れる・視力が落ちた

一時的にぼやけて見える場合は、眼精疲労(眼の疲れ)やドライアイなど、日常生活の中でよくあることが原因かもしれません。また40歳代から始まる老視(老眼)も原因となります。
時々眼を休める、自分に合ったメガネをかけるなど環境を整え、眼を労るように心掛けることで改善することもあります。
また、視力が低下する原因として、年配の方では加齢による白内障である場合が多いですが、その他の眼の病気である可能性があるため、視力の低下を感じたら眼科受診をするようにしましょう。

眼精疲労の主な原因

1.デスクワーク

パソコンやスマートフォンの画面を長時間見続けたり、手元の細かい作業によって、眼のピント調節を行っている毛様体筋が疲弊し、眼に疲れが出ます。
また、長時間のデスクワークはドライアイの原因となります。

2.メガネやコンタクトレンズ

自分に合ってないメガネやコンタクトレンズをしていると、毛様体筋が無理にピントを合わせようとして、眼に疲れが出やすくなります。

3.老視(老眼)

目線を近くから遠くに移そうとするとぼやけて見える、近くの物がぼやけて見えるという見え方が出始めたら、老視の可能性があります。老視は40歳台から始まる眼の老化で、ピントを合わせようとする力が衰えます。無理をして小さな文字を読むようなことが長時間続くと、眼が疲れやすくなり、肩こりや頭痛の原因にもなります。その場合は老眼鏡の作成をお勧めします。

4.自律神経の乱れ

ストレスや睡眠不足などで自律神経が乱れると、眼の筋肉が緊張し、眼が疲れやすくなります。

白内障

主に加齢などが原因で、眼の中でレンズの役割をする水晶体が濁った状態です。常に濁っているメガネをかけている状態となるため、進行するにしたがって視力が下がります。加えて霧がかかったように視界がかすみ、ぼやけて遠くの人の顔がわからなかったり、明かりが二重三重に見えたり、天気によっては光がまぶしかったりするなどの症状があらわれます。

(見え方がおかしい欄参照)